NEWS


ARCHIVE

  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月
  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年3月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2016年3月
  • 2016年2月
  • 2016年1月
  • 2015年12月
  • 2015年11月
  • 2015年10月
  • 2015年9月
  • 2015年7月
  • 2015年6月
  • 2015年5月
  • 2015年4月
  • 2015年3月
  • 2015年2月
  • 2015年1月
  • 2014年12月
  • 2014年11月
  • 2014年10月
  • 2014年9月
  • 2014年8月
  • 2014年7月
  • 2014年6月
  • 2014年5月
  • 2014年4月
  • 2014年3月
  • 2014年2月
  • 2014年1月
  • 2013年12月
  • 2013年11月
  • 2013年10月
  • 2013年9月
  • 2013年8月
  • 2013年7月
  • 2013年6月
  • 2013年5月
  • 2013年4月
  • 2013年3月
  • 2013年2月
  • 2013年1月
  • 2012年12月
  • 2012年11月
  • 2012年10月
  • 2012年9月
  • 2012年8月
  • 2012年7月
  • 2012年6月
  • 2012年5月
  • 2012年4月
  • 2012年3月
  • 2012年2月
  • 2012年1月
  • 2011年12月
  • 2011年11月
  • 2011年10月
  • 2011年9月
  • 2011年8月
  • 2011年7月
  • 2011年6月
  • 2011年5月
  • 2011年4月
  • 2011年3月
  • 2011年2月
  • 2011年1月
  • 2010年12月
  • 2010年11月

  • OLD NEWS
    OLD DIARY

    WORKS更新のお知らせ

    WORKSのページに、FREITAG Store Kyotoを追加しました。

    frkt_001_daici ano
    使用済みのトラックタープ(幌)、自転車のインナーチューブ、廃車のシートベルトを使った、色とりどりのメッセンジャーバッグやアクセサリーを展開するFREITAG(フライターグ)の、日本国内4店舗目の直営店となる京都店の内外装計画です。

    WORKS更新のお知らせ

    WORKSのページに、OPEN! FURNITURE 2019を追加しました。

    openfurn2019_08_ryuichiro_suzuki

    街歩きや家具の制作、アートイベントなどを通して、港区のパブリックスペースの新しい可能性を発見するプロジェクト「OPEN! FUNITURE」の活動に、前年に続きトラフが参加しています。

    街の様々な場所に人々が集まり、交流を生み出す新しいプラットフォームとなるベンチをフィールドワークやワークショップを通じて設置しました。

     

    WORKS更新のお知らせ

    WORKSのページに、NUBIAN SHIBUYA PARCOを追加しました。

    nusp_002_daici_ano

    国内外のモード、ストリートカルチャーを融合させ新たなトレンドを生み出すセレクトショップ、NUBIAN。原宿店に続き、リニューアルした渋谷パルコ内の新店舗の内装デザインを担当しました。

    特定のブランド用ポップアップスペースのハイライトされたホワイトと、床面やスケルトン天井の基調となるブラックが生み出すコントラストの効いたファサードが買い物客を出迎え、波紋が広がるようにカーブを描く天吊りのハンガー什器が店内奥へと導くようにレイアウトし、プロダクトのボリュームそのものが空間構成に大きな要素となるようにしました。

    オンラインでの販売が存在感を増す中、実体店舗においてプロダクトと出会う体験そのものにフォーカスする店舗を目指しました。

    WORKS更新のお知らせ

    WORKSのページに、INAXライブミュージアム「窯のある広場・資料館」を追加しました。

    lixm_016_daici_ano

    LIXILが運営する愛知県常滑市のINAXライブミュージアム「窯のある広場・資料館」のリニューアル展示計画です。同館は1921年から約50年間稼働した土管製品工場を整備し1986年に公開したもので、「登録有形文化財」にも指定され、ミュージアムの象徴となっており、「両面焚倒焔式角窯」と呼ばれる煉瓦造りの窯を小屋組みあらわしの木造建屋が覆う、ダイナミックな入れ子構造に注目し、建築そのものが持つ魅力を最大限に引き出す再生展示計画を提案しました。

    WORKS更新のお知らせ

    WORKSのページに、SPMF + COLOR POLYMOCK (インテリアライフスタイルリビング 2019)もこもこソファを追加しました。

     

    SPMF + COLOR POLYMOCK (インテリアライフスタイルリビング 2019)

    ifft2019spmf_04_yousuke_tatsumi

    東京ビッグサイトで行われたインテリアライフスタイルリビング展での、「SPMF(Sanwa Press Mold Foam)」と「COLOR POLYMOCK」のための展示空間構成です。SPMFの加工技術を用いた新製品「SPONGE STOOL」の軽さや携帯性、弾力性などを体感できるだけでなく、SPMF製品の魅力を引き出せるような場を提案しました。

     

    もこもこソファ

    mkmksofa_02_yousuke_tatsumi

    インテリアライフスタイルリビング2019の特別展示「アップサイクルって何?」に出展したソファ。ポリエチレン発泡体の工場見学の際、素材生成時に出る端材が大量に積まれているのを発見し、その断面の美しさが印象的だったため、端材をカットして束ねるだけのカラフルなソファを考案しました。