NEWS


ARCHIVE

  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月
  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年3月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2016年3月
  • 2016年2月
  • 2016年1月
  • 2015年12月
  • 2015年11月
  • 2015年10月
  • 2015年9月
  • 2015年7月
  • 2015年6月
  • 2015年5月
  • 2015年4月
  • 2015年3月
  • 2015年2月
  • 2015年1月
  • 2014年12月
  • 2014年11月
  • 2014年10月
  • 2014年9月
  • 2014年8月
  • 2014年7月
  • 2014年6月
  • 2014年5月
  • 2014年4月
  • 2014年3月
  • 2014年2月
  • 2014年1月
  • 2013年12月
  • 2013年11月
  • 2013年10月
  • 2013年9月
  • 2013年8月
  • 2013年7月
  • 2013年6月
  • 2013年5月
  • 2013年4月
  • 2013年3月
  • 2013年2月
  • 2013年1月
  • 2012年12月
  • 2012年11月
  • 2012年10月
  • 2012年9月
  • 2012年8月
  • 2012年7月
  • 2012年6月
  • 2012年5月
  • 2012年4月
  • 2012年3月
  • 2012年2月
  • 2012年1月
  • 2011年12月
  • 2011年11月
  • 2011年10月
  • 2011年9月
  • 2011年8月
  • 2011年7月
  • 2011年6月
  • 2011年5月
  • 2011年4月
  • 2011年3月
  • 2011年2月
  • 2011年1月
  • 2010年12月
  • 2010年11月

  • OLD NEWS
    OLD DIARY

    WORKS更新のお知らせ

    WORKSのページに血の婚礼を追加しました。

    Bunkamuraシアターコクーン、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティで公演された舞台「血の婚礼」の美術をトラフが担当しました。劇場の模型を元に演出家 杉原邦生氏と何度も打ち合わせを重ね、共に作り上げていきました。ト書きや台詞からくるイメージを、壁や床といった物質に具現化し、古典戯曲の世界観を表現することを目指しました。

    WORKS更新のお知らせ

    WORKSのページにポーラ美術館開館20周年記念展「ピカソ 青の時代を超えて」を追加しました。

    国内でも屈指のピカソ・コレクションを誇るポーラ美術館とひろしま美術館が、これまで欧米の美術館の協力を得て深めてきた作品研究をもとに、制作のプロセスに焦点を当て「描く」ピカソの作品を初期から捉えなおす共同開催展の会場構成です。

    下記、展覧会概要になります。ぜひお越し下さい。

    会期:2022年9月17日(土)– 2023年1月15日(日) 会期中無休
    会場:ポーラ美術館 展示室1, 3
    主催:公益財団法人ポーラ美術振興財団 ポーラ美術館、公益財団法人ひろしま美術館
    特別協力:バルセロナ・ピカソ美術館、カタルーニャ美術館、アート・ギャラリー・オブ・オンタリオ
    後援:スペイン大使館、インスティトゥト・セルバンテス東京

    くわしくはこちらをご覧ください。

    WORKS更新のお知らせ

    WORKSのページに大阪北港マリーナ『PARK HULL』を追加しました。

    大阪湾岸にオープンした、カフェやホテルを併設する大阪北港マリーナHULL。その敷地内に、アップサイクルをテーマにしたエディテイメント型公園『PARK HULL』を芦沢啓治建築設計事務所と共同で手掛けました。自由な発想で遊び、海辺の環境から未来への想像力を育むことを目的とし、大人も子供も楽しめ、好奇心を掻き立てられる新たな公園のかたちを目指しました。

    詳しくはこちらをご覧ください。

    2 days at Ishinomaki Laboratory
    10/21-30 DESIGNART TOKYO 2022へ出展

    この度、DESIGNART TOKYO 2022 にて、石巻工房の新作発表に参加しています。下記概要になります。

    石巻工房は赤坂の料亭跡地を舞台に DESIGNART TOKYO 2022 に参加し、7人のデザイナーによる新作発表を行います。 石巻工房が発足し野外映画館のための石巻ベンチが作られて以来、11年が経ちました。現在は石巻に工房を構えつつも、国内ではカリモク、海外ではデンマークの MENU といった著名な家具ブランドとのコラボレーションを含めた10カ国によるメイド・イン・ローカルプロジェクトによって、石巻工房のコンセプトと商品は世界中に広がっています。今回は11年前に始まったワークショップによる デザインという原点に立ち帰り7人の建築家、デザイナーを石巻に招き、寝食を共にしながらデザインを行いました。その間デザイナー同士、また職人とのコミュニケーションを通してより美しく、使いやすいプロダクトに作るべく試行錯誤の末、11種類のデザインが生まれました。今回のコレクションは、石巻工房に近接したゲストハウス、石巻ホームベースに置くプロダクトを想定しています。私たちは、ゲストハウスに滞在し、工房に通うことでリアリティーのある利用シーンを想像しながらデザインを行いました。 また同会場にて、5日間限定で千駄木のスペシャルティコーヒー専門店 ignis が石巻工房の家具を使った ポップアップカフェを展開します。あわせてお楽しみください。

    戦後、間もない混乱の時期に生まれ、復興時の喧騒に満ちた東京に、鮮やかな彩りを与えた赤坂の旧料亭『島崎』。KAISUは約60年の歳月を経た、おもむきある柱や梁を残しつつリノベーションされました。これからさらなる発展が楽しみな新スポットです。

    展示タイトル:2 days at Ishinomaki Laboratory
    会期:10月21日(金)〜30日(日) 10日間
    営業時間:11:00〜19:00
    会場:KAISU 東京都港区赤坂6-13-5
    オープニングパーティー:10月23日(日)18時〜21時
    ignisポップアップカフェ:10月21日、22日、23日、29日、30日 5日間

    くわしくはこちら