NEWS


ARCHIVE

  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月
  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年3月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2016年3月
  • 2016年2月
  • 2016年1月
  • 2015年12月
  • 2015年11月
  • 2015年10月
  • 2015年9月
  • 2015年7月
  • 2015年6月
  • 2015年5月
  • 2015年4月
  • 2015年3月
  • 2015年2月
  • 2015年1月
  • 2014年12月
  • 2014年11月
  • 2014年10月
  • 2014年9月
  • 2014年8月
  • 2014年7月
  • 2014年6月
  • 2014年5月
  • 2014年4月
  • 2014年3月
  • 2014年2月
  • 2014年1月
  • 2013年12月
  • 2013年11月
  • 2013年10月
  • 2013年9月
  • 2013年8月
  • 2013年7月
  • 2013年6月
  • 2013年5月
  • 2013年4月
  • 2013年3月
  • 2013年2月
  • 2013年1月
  • 2012年12月
  • 2012年11月
  • 2012年10月
  • 2012年9月
  • 2012年8月
  • 2012年7月
  • 2012年6月
  • 2012年5月
  • 2012年4月
  • 2012年3月
  • 2012年2月
  • 2012年1月
  • 2011年12月
  • 2011年11月
  • 2011年10月
  • 2011年9月
  • 2011年8月
  • 2011年7月
  • 2011年6月
  • 2011年5月
  • 2011年4月
  • 2011年3月
  • 2011年2月
  • 2011年1月
  • 2010年12月
  • 2010年11月

  • OLD NEWS
    OLD DIARY

    WORKS更新のお知らせ

    WORKSのページにNJH SHOWROOM/ACTIVITY/STUDIOを追加しました。

    六本木の東京ミッドタウンに移転するスポーツブランドの施設のための内装計画です。

    2017年に手掛けた既存のヘッドオフィスに、メディア向けのショールームやゲストをもてなすスタジオといった都内に分散していた機能を集約。多目的なアクティビティスペースも加えた3つの施設を新設しました。

    WORKS更新のお知らせ

    WORKSにAesop 阪急うめだ本店を追加しました。

    オーストラリアのスキンケアブランド イソップの、阪急うめだ本店の内装計画です。同フロアの既存店舗が、より大きな区画へとリロケーションをしました。地元の人の心象風景でもある阪急電車をモチーフとした色合いによって、にぎやかな環境の中でも求心力のある空間を目指しました。

    ポーラ美術館開館20周年記念展 
    ピカソ 青の時代を超えて

    9月17日(土)より箱根のポーラ美術館で開催される展覧会「ピカソ 青の時代を超えて」の会場構成をトラフが担当しました。

    下記開催概要になります。

    *****

    ポーラ美術館開館20周年記念展 
    ピカソ 青の時代を超えて
    The Pola Museum of Art 20th Anniversary Exhibition 
    PICASSO: THE BLUE PERIOD AND BEYOND

    パブロ・ピカソは20歳の頃、悲しみを抱えた貧しい人々を見つめ、青の絵具を用いて絵画にその姿を捉え、比類のない人間像を生み出しました。

    画家の原点であるこの「青の時代」を超えて、実験的なキュビスムの探究、さらに円熟期から晩年に至るまで、91年の生涯を通して旺盛な制作意欲を絶やすことのなかったピカソ。その絵画は歿後から半世紀を経てなお、生きた表現の力を鮮烈に放ち続けています。

    本展覧会は、国内でも屈指のピカソ・コレクションを誇るポーラ美術館とひろしま美術館が、これまで欧米の美術館の協力を得て深めてきた作品研究をもとに、制作のプロセスに焦点を当て、絵画芸術に挑んだ「描く」ピカソの作品を初期から捉えなおそうとする共同企画展です。

    両館のコレクションをはじめ国内外の重要作とともに、最新の科学技術を用いた調査や研究を通して20世紀の巨匠が遺した創造の軌跡に迫ります。

    会期:2022年9月17日(土)– 2023年1月15日(日) 会期中無休
    会場:ポーラ美術館 展示室1, 3
    主催:公益財団法人ポーラ美術振興財団 ポーラ美術館、公益財団法人ひろしま美術館
    特別協力:バルセロナ・ピカソ美術館、カタルーニャ美術館、アート・ギャラリー・オブ・オンタリオ
    後援:スペイン大使館、インスティトゥト・セルバンテス東京

    くわしくはこちらをご覧ください。

    *****

    関連サイト:【 ポーラ美術館 × CINRA × チョコレートプラネット 】ピカソが苦悩と向き合った「青の時代」をチョコプラと解き明かすPodcastが配信スタートしています。

    こちらからぜひお聞きください。


    スペインを舞台にした愛の悲劇『血の婚礼』シアターコクーンにて上演中!

    トラフが美術を担当しました、スペインを舞台にした愛の悲劇 「血の婚礼」がシアターコクーンにて上演中です。

    期間 : 2022/9/15(木)~10/2(日)

    10/15より 梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ にも巡回する予定ですので、お近くの方は是非ご覧ください!  

    期間 : 2022/10/15(土)~10/16(日)

    原作:フェデリコ・ガルシーア・ロルカ
    翻訳:田尻陽一
    演出:杉原邦生
    音楽:角銅真実、古川麦
    美術:トラフ建築設計事務所
    照明:齋藤茂男
    音響:稲住祐平(エス・シー・アライアンス)
    衣裳:早川すみれ(KiKi inc)
    ヘアメイク:国府田圭
    振付:長谷川風立子(プロジェクト大山)
    殺陣:六本木康弘
    演出助手:河合範子
    舞台監督:足立充章

    詳しくは公式ホームページをご覧ください。

    分子ラボ「Maison one 銀座」 空気の器 インスタレーション

    9月8日にオープンした分子ラボ初のリアル店舗「Maison one 銀座」にて、空気の器のインスタレーション「ある空間の揺籃」がはじまりました。
    「空気の器」を散りばめた幻想的で不思議な空間と、その空間に溶け込むような音楽、香り。五感を最大限に使って双方向的に楽しんでいただけるインスタレーションです。「空気の器」のホワイトと、片面全面に金の箔押しをし、中央にロゴをエンボス加工した「Maison one 銀座」オリジナル空気の器の2種類で構成されています。
    写真撮影、動画撮影も自由となっています。近くに行かれる際はぜひご覧ください。

    【店舗情報】
    店舗名:Maison one 銀座店
    場所:〒104-0061 東京都中央区銀座1-4-8
    営業時間: 11:00~20:00

    詳しくはこちらもご覧ください。

    【無料・オンライン開催】あつまれ、建築好き高校生! プロフェッショナルと話す、これからの《建築・まちづくり》

    鈴野が、高校生のための新しい活動プログラム”プロジェクト部”のキックオフイベントとして、プロジェクト建築家の秋吉浩気さんと共に、高校生向けのオンラインイベントに登壇します。

    プロジェクト部についてはこちらを御覧ください。

    ////////////////////////////////////////////////////////////////////////

    オンラインイベント開催概要

    開講日時:9/23(金・祝)14:00〜17:30
    対象:高校生
    ※高専生やフリースクール生、不登校の生徒や海外在住者を含みます。
    ※主な対象は高校生ですが、中学生や大学生の参加も可能です。

    定員:100名(目安)

    受講方法:オンライン
    ※Zoomにて配信しますので、お使いのデバイスにあらかじめ設定ください。また、可能な限り画面オンにてご参加願います。
    ※講義だけではなく、ゲスト講師の方々と直接やりとりができる質疑応答の時間もあります。

    受講料:無料

    主催者:「探究学習100」運営事務局

    くわしくはこちら

    【巡回開催 : マレーシア】動詞の森 『MUJI IS』を携えて 展

    トラフが会場構成を担当しました、”動詞の森『MUJI IS』を携えて展 ”がマレーシアへ巡回します。

    会期:2022年9月14日(水)―2022年10月2日(日)
    時間:10:00 ― 21:30
    休館日:会期中の休館日・営業時間のお知らせは
    TOY8 Playground公式WEBサイトをご確認ください。
    開催場所:TOY8 Playground
    T-216C, 3rd Floor, The Gardens Mall, KL

    主催: MUJI (MALAYSIA) SDN BHD

    企画協力: くらしの良品研究所

    空間構成: トラフ建築設計事務所

    グラフィックデザイン: 倉地亜紀子

    展示什器制作: 東京スタデオ

    キュレーション: 鈴木潤子

    詳しくは公式ホームページをご覧ください

    WORKS更新のお知らせ

    WORKSにぷらす鍼灸整骨院 西天満院を更新しました。

    東京、大阪を中心に展開する整骨院、ぷらす鍼灸整骨院がCIの刷新、リブランディングを行う中、大阪 西天満の新店の内外装計画をトラフが担当しました。

    ロゴマークにとどまらないグラフィックが空間に調和し、地域の人たちがより親しみやすく、身近に感じられるような内外装の設計を試みました。

    詳しくは公式ホームページをご覧ください。

    WORKS更新のお知らせ

    WORKSにおいでよ!絵本ミュージアム2022を更新しました。

    福岡アジア美術館で開催される「おいでよ!絵本ミュージアム2022」の会場構成計画をトラフが担当しました。

    「絵本ミュージアム」シリーズは2007年より毎年開催しており、16回目となる今年のテーマは「だいすき!」です。子どもの日常や成長の過程において、だいすきに囲まれて育つことは子どもの中にある力と可能性を育みます。コロナ禍においても、これまでの絵本ミュージアムの特徴でもある絵本の世界観の中で絵本との出会いやコミュニケーションを“安心して”楽しめる会場構成を目指しました。お近くにお越しの際は、ぜひご家族でお立ち寄りください。

    日程:2022/07/19(火) 〜 2022/08/28(日)

    時間:09:30 〜 17:30   入場は17:00まで

    休館日:会期中無休

    会場:福岡アジア美術館(福岡市博多区下川端町3-1 リバレインセンタービル7・8階)

    料金:一般1,200円、高大生1000円、小中生600円、未就学児は無料
    この料金で、アジアギャラリーの展示もご覧いただけます。

    主催:福岡アジア美術館、西日本新聞社、TNCテレビ西日本、NPO法人子ども文化コミュニティ

    問い合わせ先:西日本新聞イベントサービス

    TEL:092-711-5491(平日午前9時30分~午後5時30分)
    ※会期中のお問合せは福岡アジア美術館(TEL:092-263-1100)へ

    詳しくは公式ホームページをご覧ください

    「暮らしの香り」イベントのお知らせ

    「暮らしの香り」の商品が、東京都現代美術館にて開催される[ ジャン・プルーヴェ展 ~椅子から建築まで ]に合わせて、同美術館内のミュージアムショップ「NADiff contemporary」に並びます。 


    ジャン・プルーヴェ展にご来場の際にはぜひミュージアムショップへお立ち寄りください!

    弊社が設計したTOKYOBIKE TOKYO もすぐそばですので、こちらへもぜひ!


    ■日程: 2022年7月16日(土)~10月16日(日)
    [ ジャン・プルーヴェ展 ~椅子から建築まで ] 開催期間中
    ■場所: 東京都現代美術館 1階 ミュージアムショップ【NADiff contemporary】