WORKS / ガリバーテーブル

WORKS / Gulliver Table

主要用途: 展示会場構成

構造設計: オーノJAPAN

施工: イシマル

所在・会場: 東京ミッドタウン 芝生広場 DESIGN TOUCH Park

設計期間: 2011.07–10

施工期間: 2011.10.24–26

会期: 2011.10.28–2011.11.06

写真: 吉次史成/トラフ建築設計事務所

東京ミッドタウンの広々とした芝生広場で、デザインを五感で楽しむ広場、「Midtown Design Touch park」が開催され、子供から大人まで、みんなで楽しみながらワークショップが行える、開かれた舞台を提案した。

芝生広場に突然あらわれた長い長いテーブル。緩やかな斜面の芝生広場に、まるで水平線を引くように、一直線に50mの天板を設置する。

斜面との関係で、自然と高さが変わるこのテーブルは、子供たちのワークショップのためのシンボルであり、床であり、テーブルであり、ベンチであり、遊具であり、屋根でもある。50mの長さの中で、座ったり、立ったり、ねころんだり、くぐったり、様々な人が、様々に場所を発見しながら、ひとつのテーブルを囲んでゆく。

まるで食卓を囲む大きな家族のように、子供から大人まで、この国に暮らすみんなが、新しいものをつくり出す笑顔あふれる舞台となる。

Principle use: EXHIBITION SITE

Structural design: Ohno JAPAN

Production: Ishimaru

Building site: Tokyo Midtown DESIGN TOUCH Park

Design period: 2011.07–10

Construction period: 2011.10.24–26

Duration: 2011.10.28–2011.11.06

Photo: Fuminari Yoshitsugu / TORAFU ARCHITECTS

The Midtown DESIGN TOUCH Park kicked-off in a wide open grass field in Tokyo Midtown where design can be enjoyed with the five senses. Here, we proposed an open stage on which children and adults alike take part in workshops while having fun.

A very long table has suddenly appeared on the lawn. We installed a tabletop running 50 meters in a straight line, as if drawing a horizontal line on the gently sloping grassy field.

The table naturally grows taller as we move along the inclined plane. The structure serves as a symbol for the children’s workshop—it is a floor, a table, a bench, a playground or even a shelter.

Various persons come all together around a single 50 meter-long table, discovering various places along the way; places to sit down, to stand up, to lie down or pass under.

Like a big family gathered around a picnic table, this is a stage full of smiles where all citizens, young and old, converge to create something new.