NEWS

SWISS DESIGN MAP TOKYO



東京にあるスイスデザインゆかりの場所を案内する” SWISS DESIGN MAP TOKYO” のアートディレクションをトラフが担当しました。
東京を”スイスデザインの展覧会”の場として楽しめる本マップ。
都内のミュージアムやショップで手に入る他、こちらよりダウンロードできます。
ぜひ、秋のお出かけにお役立てください。

紙工祭



空気の器やテープフック、紙のスタンプキットの製作・販売をしています、福永紙工が
10月18日(土)、19日(日)に「紙工祭」を開きます。
工場を地域のみなさまに開放し、工場見学やワークショップやトークイベントなど
盛りだくさんのイベントになっています。
空気の器のワークショップもあります。
ぜひたくさんの皆さまのお越しをお待ちしております。

日時:10月18日(土)~19日(日) 10:00~17:00
場所:東京都立川市錦町6-10-4
イベント内容:
①はじめての工場見学
紙に印刷し、紙を加工する。知ってそうで知らない工場の現場を、見て、感じて、話を聞く時間。完全予約制で実施します。

②紙の裏側トーク
「紙を加工する」ことで何が生まれるのか。
デザインして、製作して、販売するプロセスで発生する様々な事件を関係者が証言します。

③ペラペラワークショップ
紙と工場を楽しむ体験。紙に囲まれてみたり、紙のお面をかぶったり、ペーパーゲームを楽しんだり、 手紙を書いたり、紙の工作員になってみたり、工場のあちこちで、紙を使って楽しめます。
誰でもその場で参加可能。申込不要。
●空気の器がその場で抜けるワークショップ
●テラダモケイで1/100の世界をつくるワークショップ
●gu-paに紙のコラージュ
●トータスゲーム大会
●センコウハナビシ色塗り体験

④工場軒先直売所
工場でつくった紙製品をその場で直売。もしかしたら、ここでしか買えないバージョンや試作品、半製品を手に入れることもでるかも。 オリジナル鍵付きギフトボックスその場で抜き渡し&受注相談会開催!!
即日納品!!
かみの工作所 テラダモケイ MABATAKI NOTE gu-paほか

⑤いろいろ紙屋台
工場に出入りする様々デザイナーが特別出展。屋台には、工場つながりのおいしい紙が勢ぞろい。
早いもの勝ち。売り切れごめん

イベントの詳細やお申込みはこちらをご覧ください。

トラフのガレージセール



2014 年10月3 日(金)から11月3 日(月・祝)まで表参道にあります、PASS THE BATON GALLERYにて
「トラフのガレージセール」を開催します。

設立してから10 年を経て、建築やプロダクトデザイン、舞台装置など様々な仕事に関わってました。
その過程で集まった素材サンプルやモックアップ、本などが積み重なって、今の事務所は手狭な状態です。
そこで、この度2014 年10月3 日(金)から11月3 日(月・祝)まで表参道にあります
PASS THE BATON GALLERY にてトラフ建築設計事務所の「ガレージセール」を開催することになりました。
会場内のくじ引き(くじ引きは一律価格)で、当たったものをお持ち帰りいただけます。
A A スツールか、素材サンプルか、何が当たるかはくじを引いてのお楽しみです!
トラフから皆さまにパスする一つ一つの品は、どれも思いが詰まったものであり、トラフの仕事を形づくってきた一部でもあります。それぞれの使い方をぜひ見つけてみてください。

オープニングの10月3日(金)にはパスザバトン代表の遠山正道氏と、鈴野、禿のトークイベントを予定しております。
どうぞお誘い合わせの上お越しください。

【SPECIAL TALK E VENT】
日時:10 月3 日 (金) 19:00 ~ 20:00 
場所:PASS THE BATON OMOTESANDO

Simplified Beauty // 13th-21st September 2014



2014年9月13日(土)から21日(日)まで第11回目ロンドンデザインフェスティバルで、SCP EASTにて「シンプルな美」と題したエキシビションが開催されています。
ロンドンを拠点に家具の製作・販売をするSCP。SCPの設立者であるSheridan Coakley氏、デザイナーのReiko Kaneko氏のキュレーションによる本エキシビジョンでは、日本、アメリカ、イギリスのそれそれの「シンプルな美」にフォーカスしています。
日本からは石巻工房が参加し、トラフのデザインしたAAstoolがポスターに使用されています。
詳細はこちらをご覧ください。

For the 11th edition of the London Design Festival, SCP East plays host to Simplified Beauty, an exhibition of contemporary design, a celebration of things made as they should be. Co-curated by SCP founder Sheridan Coakley and British-Japanese designer Reiko Kaneko, the show features a blend of work from Japan, America and Britain, exploring how different cultures approach simplicity and beauty.

The collection from the Ishinomaki Laboratory is one of exhibits.
We are really proud to announce AA stool designed by TORAFU ARCHITECTS is used as the main image of the poser.

SCP East
135-139 Curtain Road
London EC2A 3BX
T: +44 20 7739 1869
E: shopeast@scp.co.uk

13th-21st September 2014
Monday to Friday / 9.30am – 8pm
Tuesday / 9.30am – 9pm
Saturday / 9:30am – 6pm
Sunday / 11.00am – 5pm

More detail can be found here.

ジャパン・アーキテクツ 3.11以後の建築

2014年11月1日(土)~2015年5月10日(日)まで、
金沢21世紀美術館で行われる「ジャパン・アーキテクツ 3.11以後の建築」展に参加します。

これからの社会の中で建築家はどのような役割が求められるのか。
2011年以降の日本の建築家30組の取り組みにフォーカスした本展覧会に、トラフでは石巻工房との活動を紹介します。

日時:2014年11月1日(土)~2015年5月10日(日) 
    10:00~18:00 (日・金は20:00まで)
会場:金沢21世紀美術館
休館日:月曜日(ただし、11月3日、11月24日、1月12日は開場)、
     11月4日、11月25日、1月13日、12月29日 〜 2015年1月1日 
     ※2015年4月以降については未定
料金:
■ 本展観覧券
一般=1,000円(800円)/大学生=800円(600円)/小中高生=400円(300円)/65歳以上の方=800円
■「ジャパン・アーキテクツ1945-2010」展との共通観覧券
一般=1,700円(1,400円)/大学生=1,400円(1,100円)/小中高生=700円(600円)/65歳以上の方=1,400円

詳細・お問い合わせはこちら

TALKING HEADS



2014年9月17日(水)にスイス、ジュネーブにある大学HEADにて
Jan Geipel氏(インテリアアーキテクチャ学部長)と鈴野浩一とのトークイベントが行われます。

日時:2014年9月17日(水)19時開始
場所:Head – Genève,Boulevard James-Fazy 15, auditoire
詳細はこちらをご覧ください。

Koichi Suzuno will have a talking conference with Jan Geipel, dean of faculty for interior architecture of Head at Genève on 17th of September.

Date: 17 Sep, 2014 from 19:00 pm
Place: Head – Genève,Boulevard James-Fazy 15, auditoire
More detail can be found here.

スノーピクニック



WORKSにスノーピクニックを追加しました。

中野の商店街にオープンしたジェラートのお店、スノーピクニックは
オーダーしたその場でアイスクリームの原液に液体窒素を混ぜてジェラートをつくる、
という特殊な販売形態から、パフォーマンスを見て楽しめる店舗づくりを目指しました。
エントランスから奥に行くに従って、階段上に上がっていく構成になっており、
各段差ごとに床の仕上げを変えています。
中央のヴィンテージタイルのテーブルや日差しが差し込むように斜めに色を切り替えた
柔らかいトーンの壁面など、新旧の素材や色がバランスを取った居心地の良いラウンジのような店舗です。

パブリックってどういうことだろう?

2014年9月2日に青山ブックセンター本店で開かれます、トークイベント「パブリックってどういうことだろう?」
に鈴野が参加します。

オンデザイン『建築を、ひらく』(学芸出版社)、アトリエ・ワン『コモナリティーズ ふるまいの生産』(LIXIL出版)
の刊行を記念した当イベント。
“パブリックはつくられ、与えられるものではなく、日々の日常、活動を
ひらいていくことにより育まれる、身体的かつ経験的なもの。 
これまでの公共建築、行政主導の交流だけでは捉えられない新しい
人の集まる環境(=パブリック)が、都市で地域で生まれはじめている。
そこに必要となるこれからの建築と建築家のふるまいを探るトーク。
都市の暮らし、地域の教育、新しい医療福祉、都市の公園、シェアの実践、、、
ビルディングタイプで閉じるのではなく開くことで生まれる新しい関係性。
アトリエワンやオンデザインが実践している建築や都市のプロジェクト
の紹介を前半に、後半はこれからの建築や都市の可能性についてトークを行います。”

日時:2014年9月2日(火) 19:00~20:30  開場18:30
会場:青山ブックセンター本店 大教室 
    東京都渋谷区神宮前5-53-67 コスモス青山ガーデンフロア (B2F) TEL 03-5485-5511
会費:1000円
詳細はこちらをご覧ください。

CONDE HOUSE STYLE 2014 Autumn PRESENTATION




北海道旭川に本社を置く家具メーカー、カンディハウスが主催する
CONDE HOUSE STYLE 2014 Autumn PRESENTATIONにトラフ建築設計事務所が参加します。
本イベントは東京、名古屋、大阪、福岡の4都市で開催され、
カンディハウスの新作の紹介、各都市で異なるゲストデザイナーによるトークイベント、
また最後にはフードアーティストの新谷岳大氏コーディネートのパーティが開かれる予定です。
トークイベントではホストスピーカーの本間美紀氏とゲストデザイナーが
各々の作品やこれからのリビングの可能性について語り合います。
東京ではトラフ建築設計事務所がゲストデザイナーとして参加します。
どうぞお誘い合わせの上、多くの皆様のご参加をお待ちしております。

日時:9月11日(木)
    プレゼンテーション(新作のご紹介)17:00~17:20
    トークイベント 17:30~19:00
    パーティ 19:00~
場所:カンディハウス東京

事前予約制のイベントになっております。
詳細・ご予約はこちらをご覧ください。

MAD City 4周年トークセッション

千葉県松戸市において独自のまちづくりを行っています、MAD Cityプロジェクトが4周年を記念した
トークセッションを行います。

MAD Cityプロジェクトはクリエイティブ層の誘致を起点に人材が集まる環境をつくるという、まちづくりの新たな方法論に取り組んできました。今回のイベントではMAD Cityに移転したクリエイターや外部の有識者、ゲストとともに今後の事業展開の方向性についてトークを行う予定です。
トラフ建築設計事務所の禿がトークセッションの第1部に日本仕事百貨のナカムラケンタ氏、バイチャリの堤英幸氏、
建築家の森純平氏、とともに参加します。

MAD City4周年トークセッション『DIYsによるまちづくり』第一部/第二部
開催日:9月6日(土) 第一部:15:00~17:30(開場14:45)、第二部:19:30~22:00(開場19:15)
出演:第一部:禿真哉(トラフ建築設計事務所)、ナカムラケンタ(日本仕事百貨)、
         堤英幸(バイチャリ)、森純平(建築家)、寺井元一 
第二部:小野裕之(greenz.jp)、後藤知佳(dotplace.jp)、寺井元一、西本千尋、小田雄太
参加費:第一部:1,500円(1ドリンク付) 第二部:2,500円(フード付)
会場:FANCLUB
アクセス:千葉県松戸市本町20-10 ルシーナビル7F(JR常磐線/新京成線松戸駅から徒歩2分)
主催:株式会社まちづクリエイティブ

お問い合わせ・お申込みはこちらまで。