NEWS


ARCHIVE

  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月
  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年3月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2016年3月
  • 2016年2月
  • 2016年1月
  • 2015年12月
  • 2015年11月
  • 2015年10月
  • 2015年9月
  • 2015年7月
  • 2015年6月
  • 2015年5月
  • 2015年4月
  • 2015年3月
  • 2015年2月
  • 2015年1月
  • 2014年12月
  • 2014年11月
  • 2014年10月
  • 2014年9月
  • 2014年8月
  • 2014年7月
  • 2014年6月
  • 2014年5月
  • 2014年4月
  • 2014年3月
  • 2014年2月
  • 2014年1月
  • 2013年12月
  • 2013年11月
  • 2013年10月
  • 2013年9月
  • 2013年8月
  • 2013年7月
  • 2013年6月
  • 2013年5月
  • 2013年4月
  • 2013年3月
  • 2013年2月
  • 2013年1月
  • 2012年12月
  • 2012年11月
  • 2012年10月
  • 2012年9月
  • 2012年8月
  • 2012年7月
  • 2012年6月
  • 2012年5月
  • 2012年4月
  • 2012年3月
  • 2012年2月
  • 2012年1月
  • 2011年12月
  • 2011年11月
  • 2011年10月
  • 2011年9月
  • 2011年8月
  • 2011年7月
  • 2011年6月
  • 2011年5月
  • 2011年4月
  • 2011年3月
  • 2011年2月
  • 2011年1月
  • 2010年12月
  • 2010年11月

  • OLD NEWS
    OLD DIARY

    WORKS更新のお知らせ

    WORKSにおいでよ!絵本ミュージアム2022を更新しました。

    福岡アジア美術館で開催される「おいでよ!絵本ミュージアム2022」の会場構成計画をトラフが担当しました。

    「絵本ミュージアム」シリーズは2007年より毎年開催しており、16回目となる今年のテーマは「だいすき!」です。子どもの日常や成長の過程において、だいすきに囲まれて育つことは子どもの中にある力と可能性を育みます。コロナ禍においても、これまでの絵本ミュージアムの特徴でもある絵本の世界観の中で絵本との出会いやコミュニケーションを“安心して”楽しめる会場構成を目指しました。お近くにお越しの際は、ぜひご家族でお立ち寄りください。

    日程:2022/07/19(火) 〜 2022/08/28(日)

    時間:09:30 〜 17:30   入場は17:00まで

    休館日:会期中無休

    会場:福岡アジア美術館(福岡市博多区下川端町3-1 リバレインセンタービル7・8階)

    料金:一般1,200円、高大生1000円、小中生600円、未就学児は無料
    この料金で、アジアギャラリーの展示もご覧いただけます。

    主催:福岡アジア美術館、西日本新聞社、TNCテレビ西日本、NPO法人子ども文化コミュニティ

    問い合わせ先:西日本新聞イベントサービス

    TEL:092-711-5491(平日午前9時30分~午後5時30分)
    ※会期中のお問合せは福岡アジア美術館(TEL:092-263-1100)へ

    詳しくは公式ホームページをご覧ください

    「暮らしの香り」イベントのお知らせ

    「暮らしの香り」の商品が、東京都現代美術館にて開催される[ ジャン・プルーヴェ展 ~椅子から建築まで ]に合わせて、同美術館内のミュージアムショップ「NADiff contemporary」に並びます。 


    ジャン・プルーヴェ展にご来場の際にはぜひミュージアムショップへお立ち寄りください!

    弊社が設計したTOKYOBIKE TOKYO もすぐそばですので、こちらへもぜひ!


    ■日程: 2022年7月16日(土)~10月16日(日)
    [ ジャン・プルーヴェ展 ~椅子から建築まで ] 開催期間中
    ■場所: 東京都現代美術館 1階 ミュージアムショップ【NADiff contemporary】

    WORKS更新のお知らせ

    WORKSに東急池上線長原駅を追加しました。

    池上線長原駅において、池上線沿線の温かい雰囲気をコンセプトとした「木になるリニューアル」が

    2021年12月に竣工いたしました!

    多摩産材の天然木ルーバと、やさしいモスグリーン色の外壁が軒下空間に親しみを与え、温かくお迎えします。

    路地に並ぶ建物や人々の生活に寄り添い、まちと柔らかくつながるような駅舎を目指しました。

    DESIGN TALK TORAFU ARCHITECTS x THE PLANTS SOCIETY

    The Plant Society ジェイソン・チョングさんと鈴野がトークセッションを行います。ARCHITECTSxDESIGNをテーマに、東京とメルボルン、日本とオーストラリアの異なる視点からの対談が実現します。トラフが設計を担当したTOKYOBIKE TOKYO2Fに店舗を構えるThe Plant Society Tokyo のオープン後、ジェイソン・チョングさん初来日です。

    日時 :7月15日(金) 19:00~20:30
    場所:東京都江東区三好3-7-2 TOKYOBIKE TOKYO内

    プラントソサエティトーキョーフラッグシップ(清澄白河)縁側階段にて

    参加費 :3,500円(ワンドリンク付き)

    <注意事項>
    ※キャンセルについて・・・当日のキャンセルは100%のご負担となりますので、ご了承ください。

    ご予約はこちら

    ◆JASON・CHONGUE(ジェイソン・チョング)/オーストラリア/園芸家

    メルボルンとロンドンの大学で建築とインテリアデザインを学び、設計事務所で経験を積む。植物好きな祖母の影響を受け、小さい頃から様々な植物を独学で育てる。建築家、インテリアデザイナーの経験と植物を育てる実践的な知識が、見かけの良さだけではなく、植物が育つスタイリングを可能に。自邸では400種類以上の植物と暮らす。著書「Plant Society」「Green」
    《The Plant Society》
    ジェイソンとパートナーのネイソンの二人が、植物のある暮らしの素晴らしさを伝えようと2016年にメルボルンで設立したプランツクリエーターチームです。メルボルンとシドニーのスタジオ兼ショップの他、百貨店David Jones内でも展開しています。“植物のある社会”という名前に掲げた設立理念の通り、植物を通じて繋がる人々との温かな関係とコミュニティづくりを目指し、人気ショップや大型商業施設、個人邸のスタイリングから、植物のメンテナンス、ワークショップなど活動の範囲を広げています。