NEWS


ARCHIVE

  • 2021年8月
  • 2021年7月
  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年3月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2016年3月
  • 2016年2月
  • 2016年1月
  • 2015年12月
  • 2015年11月
  • 2015年10月
  • 2015年9月
  • 2015年7月
  • 2015年6月
  • 2015年5月
  • 2015年4月
  • 2015年3月
  • 2015年2月
  • 2015年1月
  • 2014年12月
  • 2014年11月
  • 2014年10月
  • 2014年9月
  • 2014年8月
  • 2014年7月
  • 2014年6月
  • 2014年5月
  • 2014年4月
  • 2014年3月
  • 2014年2月
  • 2014年1月
  • 2013年12月
  • 2013年11月
  • 2013年10月
  • 2013年9月
  • 2013年8月
  • 2013年7月
  • 2013年6月
  • 2013年5月
  • 2013年4月
  • 2013年3月
  • 2013年2月
  • 2013年1月
  • 2012年12月
  • 2012年11月
  • 2012年10月
  • 2012年9月
  • 2012年8月
  • 2012年7月
  • 2012年6月
  • 2012年5月
  • 2012年4月
  • 2012年3月
  • 2012年2月
  • 2012年1月
  • 2011年12月
  • 2011年11月
  • 2011年10月
  • 2011年9月
  • 2011年8月
  • 2011年7月
  • 2011年6月
  • 2011年5月
  • 2011年4月
  • 2011年3月
  • 2011年2月
  • 2011年1月
  • 2010年12月
  • 2010年11月

  • OLD NEWS
    OLD DIARY

    WORKS更新のお知らせ

    WORKSのページに、ミナ ペルホネン コティを追加しました。

    ファッションブランド ミナ ペルホネンの新たな直営店としてオープンするミナ ペルホネン コティの内装計画です。蔦屋書店を軸にテナントを併設する湘南T-SITEの1Fに位置し、ホームプロダクトを主に取り扱う店舗です。店舗名ともなっている「コティ」とはフィンランド語で「家」を意味し、クッションや食器など日常の暮らしにまつわるアイテムを扱うことに由来します。そのため小さなプロダクトを丁寧に見せることや、色バリエーションのある商品が並んだときに映えるような空間を目指しました。

    「トラフのいろいろ展」


    インテリアショップを13店舗展開する株式会社リビングハウスのららぽーと豊洲店にて、「トラフのいろいろ展」を開催します。

    「トラフのいろいろ展」では、自分だけの空間をもつことができる「コロロデスク」や、カラフルな「空気の器」など、 色とりどりのプロダクトを販売します。
    「コロロデスク」は、自分でカスタマイズできる家具として「イチロのイーロ」プロジェクトから生まれました。「イーロ(ilo)」というのは、エスペラント語で「道具」という意味です。また、「コロロ」という名称は、エスペラント語で「色」を意味する「コローロ(koloro)」という言葉からきています。
    「空気の器」は、空気を包みこむように、かたちを自由に変えられる紙の器です。このプロダクトは、黄色と青色を混ぜて、緑色をつくりたいと考えたことから生まれました。紙の表と裏の色が反射光によって混ざり、見る角度によっても表情が移り変わります。これまで様々な色やパターンが発売され、スタンプキットで色をつけたりしてキャンバスのようにも楽しめるプロダクトになっています。

    そのほか、大人も子供も楽しめる新作のプロダクトも揃っていますので、是非皆さまに、”トラフのいろいろ”を楽しんでいいただけたら幸いです。

    会場:リビングハウス ららぽーと豊洲店
    期間 :2015年 4月25日(土)-2015年 5月14日(木)
    時間 :10:00-21:00
    アクセス :東京メトロ 有楽町線「豊洲」駅 徒歩約5分

    詳細はこちら

    JAGDA会報特別企画 公開座談会「流動化するデザイン」

    JAGDA広報委員会の開催する公開座談会に、鈴野が登壇します。
    この座談会は、6月発行予定のJAGDA会報『JAGDA Report』190号「 ◯◯化するデザイン」の連動企画として開催されます。グラフィックデザイナーの田中義久さん、田中良治さんらと共に、領域が複雑に交錯する現代のデザインの状況から、未来のグラフィックデザインについて考えます。皆様のご参加をお待ちしております。

    「流動化するデザイン」

    日時:2015年4月24日(金)19:00-20:30
    会場:武蔵野美術大学 デザイン・ラウンジ(D-LOUNGE)(東京ミッドタウン・デザインハブ内)
    登壇者:田中義久(Nerhol
    田中良治(セミトランスペアレント・デザイン
    鈴野浩一(トラフ建築設計事務所)
    進行:原田優輝(Qonversations
    参加費:一般1,000円 当日受付にてお支払いください
    JAGDA会員、武蔵野美術大学の学生…無料
    定 員:50名/申込制・先着順
    申込み:こちらからお申込みください

    詳細はこちら

    湘南T-SITEにミナ ペルホネン コティがオープン

    トラフが内装設計を担当したミナ ペルホネンの新たな直営店が、4月1日、湘南T-SITEにミナ ペルホネン コティとしてオープンしました。
    店舗名ともなっている「コティ」とはフィンランド語で「家」を意味し、クッションや食器など日常の暮らしにまつわるアイテムを扱うことに由来します。小さなプロダクトを丁寧に見せることや、色バリエーションのある商品が並んだときに映えるような空間をつくりました。ぜひお越しください。

    ミナ ペルホネン コティ
    場所:〒251-0043神奈川県藤沢市辻堂元町6-20-1 湘南T-SITE 2号館 1F
    開店時間:10:00-21:00 無休

    湘南T-SITEについてはこちら
    ミナ ペルホネンについてはこちら

    WORKS更新のお知らせ

    WORKSのページに、AKQA Tokyo Officeを追加しました。

    世界各所に拠点をもつクリエイティブエージェンシー、AKQAの東京オフィスの内装計画です。ビルの地下一階にありながら、光を取り込む中庭と高低差のある既存の大空間を最大の魅力とし、各所に慎重に手を加えることで、完成させすぎない、発展的でクリエイティブな活動を予感させるような空間を目指しました。

    WORKS更新のお知らせ

    WORKSのページに、大阪のルクア イーレにオープンした私の部屋 / アトリエ・キャトル・セゾンヒトツブカンロ ルクア イーレ店を追加しました。

    私の部屋 / アトリエ・キャトル・セゾン

    自由が丘にある、家具や生活雑貨を扱う、私の部屋リビングの2ブランド「私の部屋」と「アトリエ・キャトル・セゾン」のルクア イーレの内装計画です。2店舗が通路を挟んで隣接する区画に、ブランドごとの世界観を保ちつつも、素材の違うフレームによる共通性のある店舗を作りました。

    ヒトツブカンロ ルクア イーレ店

    菓子、食品の製造および販売を行うカンロ直営のキャンディ・ショップ「ヒトツブカンロ」のルクア イーレの内装計画です。ヒトツブカンロの商品は「ギフト」としてのキャンディをコンセプトとし、手土産などにしやすい手提げや缶などのパッケージデザインが特徴であることから、パッケージ自体がビジュアル的なインパクトを与える空間を目指しました。

    WORKS更新のお知らせ

    WORKSのページに、イソップ ミッドタウン店を追加しました。

    オーストラリアのスキンケアブランド、イソップのミッドタウン店の内装計画を担当しました。トラフで設計を担当する店舗としては6つ目となる今回は、科学的探究というイソップの商品開発の姿勢をもとに、旧来の実験室にみられる理化学的美観をインスピレーションに設計を行いました。

    WORKS更新のお知らせ

    WORKSのページに、NHN PlayArt を追加しました。

    スマートフォンやパソコン向けのゲームを開発、提供するNHN PlayArtの新オフィスの内装計画を担当しました。虎ノ門ヒルズ中層の3フロアを占有するオフィスは、「Park+Museum」というキーワードをもとに、公園に集まる人々の営みのように、社員が居場所を選んで切り替えながら働くことのできるオフィス環境を目指しました。

    WORKS更新のお知らせ

    WORKSのページに、むす美を追加しました。

    京都の風呂敷メーカー山田繊維の、神宮前にある直営店「むす美」の店舗改修の計画です。豊富な柄の風呂敷を見ながら商品を選べるパレット状のディスプレイ壁と立体的に商品を掛ける白い壁が特徴の店舗となっています。店舗奥の落ち着いたスペースや、イベントのできるタープのかかった中庭などコンパクトながらも特徴のある店舗を作りました。