WORKS / ミナ ペルホネンとトラフの新作 / 習作

"minä perhonen + torafu new / study"

主要用途: プロダクト

製作: イノウエインダストリィズ

クレジット: 共同設計: ミナ ペルホネン

所在・会場: クラスカ Gallery & Shop "DO"

設計期間: 2009.06-12

施工期間: 2009.11-12

会期: 2009.12.17-2010.01.31

写真: 新津保建秀/杉田知洋江

様々なオリジナル図案によるファブリックで展開するファッションブランド ミナ ペルホネンとのコラボレーション家具の展示・販売をCLASKA Gallry & Shop DOにて2009年12月に行った。
発表された5点の家具のうち、シェルフ、スツール、ロッキングチェア、ソファの4点のデザインに携った。ミナ ペルホネンとの協同で生み出される、新しい価値観を持った家具を提案できればと考えた。

”perhonen shelf”

”hanger stool”
ミナ ペルホネンがファッションブランドであることからヒントを得た、ハンガーを用いたスツール。既製品のハンガーを3本脚に用い、フック部分を絡ませることで開き止めとしている。座面のファブリックはミナ ペルホネンのテキスタイルで彩られる。

”hammock chair”
ハンモックをイメージしたロッキングチェア。卵の形状をトレースした曲面を持つチェアは浮遊感のある座り心地を生み出す。薄い板を曲げ、接地部分を少なくすることで床面から浮いているかのように見える。頭を乗せるクッションはミナ ペルホネンの様々なファブリックによってチェアの楽しさを演出する。

”Konpou sofa”
梱包のための木箱をカスタマイズしたソファ。ミナ ペルホネンのクッションが梱包された木箱を開け、フタを背もたれにし、クッションを並べるとソファへと姿を変える。そのまま輸送できる、旅するソファである。

Principle use: PRODUCT


Credit: Design collaboration: minä perhonen

Building site: CLASKA Gallery & Shop "DO"

Design period: 2009.06-2009.12

Construction period: 2009.11-2009.12

Duration: 2009.12.17-2010.01.31

Photo: Kenshu Shintsubo / Chiyoe Sugita

minä perhonen, an innovative fashion brand known for its fabrics weaved from various original ideas, presented its line of designer furniture at CLASKA Gallery & Shop DO in December 2009. This collaborative effort inspired a bold lineup imbued with new values by giving us an opportunity to work on the designs of four out of five types of furniture on display/sale, namely; shelves, stools, rocking chairs and a sofa.

”perhonen shelf”
“perhonen” is Finnish for butterfly. The shelves evoking the name of the brand can be freely arranged by aligning them side-by-side or stacking them on top of each other, revealing in turn a bold wooden or aluminum frame, or intriguing volumes, depending on the angle you look at them.

”hanger stool”
This stool is a prototype for a collaboration series between minä perhonen and TORAFU ARCHITECTS. Hangers are used for the legs to symbolize minä perhonen as a fashion brand. The seating will be decorated with minä perhonen's fabric.

”hammock chair”
This rocking chair's unique curved shape tracing the contour of an eggshell provides one with the comfort of being suspended in a hammock. The thin wooden boards are bent so as to reduce the surface in contact with the floor at any given moment and create the impression of levitation. Cushions serving as headrests add to the enjoyment by showcasing different fabrics by minä perhonen.

”Konpou sofa”
This is in fact a customized wooden crate whose upper lid can be propped up to be used as a backrest, revealing a compartment of assorted minä perhonen cushions to turn it into a sofa. A traveling sofa ready to be shipped half-way across the globe.