WORKS / NUBIAN OSAKA

WORKS / NUBIAN OSAKA

主要用途: 物販店舗

施工: クリキンディ

クレジット: 設計協力:城所美沙子/照明計画:BRANCH LIGHTING/音響設計・制作:WHITELIGHT SOUNDSYSTEM/カウンター製作:ふくい工房

所在・会場: 大阪 南堀江

延床面積: 340m2

設計期間: 2023.10-2024.02

施工期間: 2024.03-2024.05

写真: 阿野太一

ウェブサイト: https://nubiantokyo.com/

国内外のモード、ストリートカルチャーを融合させ新たなトレンドを生み出すセレクトショップ、NUBIAN。原宿店、渋谷PARCO店、名古屋PARCO店に続き、大阪で同店過去最大となる路面店の内外装を手掛けた。クリエイティブなショップが集まる大阪、堀江の角地にある高層タワーの1階、約340㎡の商業区画が敷地となった。

1 階商業区画の赤レンガ張りのファサードに対し、ロゴをあしらった黑のゲートで店内へと客を誘導する。ゲートは、屋内のディスプレイカウンターがある低天井のエリアまで続く。 一段下りたフロアが売場になっており、約4.8mの天井高を活かした広大なワンルームの空間を確保した。荒々しい RC 造の床と天井、柱に対し、平滑な光幕天井のボックスと中央のガラス什器が対比的に存在し、商品に浮遊感を与えている。⻑さ約12mの光幕天井のボックス下には、メインのハンガー什器を設え、床から隆起したようなコンクリート打ち放しのディスプレイ、柱周りのガラス什器や壁面のニッチ棚でブランドごとにカテゴライズする。 また、店内奥のミラーが空間を倍に拡大しており、そのミラー面の端には3方がミラー仕上げのフィッティングルームを備えた。天井高を活かし、頭上にはシャンデリアのような全方位スピーカーを浮かべ、ディスプレイカウンター上部にはメインスピーカー、空間の奥にはリアスピーカーを吊り、同店がこだわる本格的な音響環境を実現した。
ボックス下部に張られた光幕の拡散光源、ボックス上のアッパーライト、壁面の間接照明によって、柔らかい光を空間に満たす照明計画とした。

ダイナミックでミニマルな空間は服の個性をより映えさせ、浮遊感のある特別な空間体験ができる関⻄ のフラッグシップショップを目指した。

Principle use: SHOP

Production: kurikindi

Credit: Design collaboration: Misako Kidokoro / Lighting design: BRANCH LIGHTING DESIGN / Sound design and production: WHITELIGHT SOUNDSYSTEM / Counter production: LIFE Works

Building site: Minami Horie, Osaka

Total floor area: 340m2

Design period: 2023.10-2024.02

Construction period: 2024.03-2024.05

Photo: Daici Ano

Website:https://nubiantokyo.com/