NEWS

トラフ建築設計事務所と行く『桑原甲子雄の写真』展

アート、デザイン、音楽、映画、演劇、ダンス、書籍などのカルチャー情報を発信しているカルチャー系のポータルサイト, CINRA.NETで、鈴野が世田谷美術館の『桑原甲子雄の写真』展を訪れ、そのインタビューが掲載されています。

『桑原甲子雄の写真』展について
1930年代から約70年にわたり、アマチュア写真家として東京のありのままを撮り続け、2007年に惜しくも亡くなった写真家・桑原甲子雄(くわばら きねお)。数々のカメラ雑誌で編集長を歴任し、荒木経惟や東松照明を見出した名編集者としても知られる彼の足跡を辿った展覧会『桑原甲子雄の写真 トーキョー・スケッチ60年』が、世田谷美術館で開催されています。

インタビューはこちらからご覧ください。