NEWS

トラフ建築設計事務所と“新しいサッカー”を考える3時間

3月2日に東北芸術工科大学で、トラフが新しいサッカーを考えるワークショップを行います。
現在参加者を募集中ですので、是非ご参加ください。

(以下、公式サイトより)

サッカー好きのみなさま。ぜひ参加を!
見慣れたサッカーコートの目線を少し変えることで、新しいコミュニケーションの場を創造する〈スポーツ×建築〉の実験に参加しませんか? 気鋭の建築家「トラフ建築設計事務所」をお招きし、本学体育館に下図のようなラインを引いて、頭と身体をフルにつかって、新しいサッカーコートを(楽しくプレーしながら)デザインします。本ワークショップでの検証を踏まえ、「みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ2014」期間中に、トラフ建築設計事務所が山形市内某所に実物大のフットサルコートをつくります。創造的サッカーファン、集合――!

開催概要
日時:2014年3月2日(日)13:30~16:30
会場:東北芸術工科大学体育館
住所:山形市上桜田3-4-5
参加条件:小学校5年生以上/サッカーが好き・できる/ルールを(比較的くわしく)しっている/うまい・へたにこだわらず、しらない人たちとも楽しくプレーできる人/クラブ活動等での経験不問!
持ち物:運動着、体育館シューズ、汗をかいたときの着替えとタオル、飲みもの、メモ帳と筆記用具
定員:30名(見学のみの場合は申込不要)

主催:東北芸術工科大学美術館大学センター
みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ2014
企画:宮本武典(キュレーター/東北芸術工科大学准教授)

詳細はこちらをご覧ください。