NEWS

越境のデザイン crossing borders

第715回デザインギャラリー1953企画展
「越境のデザイン crossing borders」

5月20日より、松屋銀座7階のデザインギャラリー1953で日本デザインコミッティー主催により行われる「越境のデザイン crossing borders」にトラフが出展します。

(以下、日本デザインコミッティーより)
この度、日本デザインコミッティーでは、第715回デザインギャラリー1953企画展といたしまして、「越境のデザイン crossing borders」を開催いたします。
日本デザインコミッティー、およびデザインギャラリー1953は長い歴史を通じて培われてきた、ある種の “らしさ” が確立されております。700回を超える開催の実績を振り返りますと、所謂、デザインのカテゴリーに適合した内容の展開がその多くを占めてきました。こうした実績は言わば、コミッティーの歴史の延長上でデザインを成熟させていく重要性を考慮した結果ということが出来ます。
今回の企画展は、これまでとは些かことなる新しい方向性を持つものです。新しいものをこのギャラリーに提示することで、 “らしさ” に揺らぎを与えることもまた時代とともに役割が変化していくデザインの姿かと考えました。
そこで、今までの領域ではカテゴライズできない、コミュニケーションやプロダクト、空間やエンジニアリングという領域を横断する試みに焦点を当てた “越境のデザイン” という企画展を永井一史の監修によりご紹介いたします。

第715回デザインギャラリー1953企画展「越境のデザイン crossing borders」
会期:2015年5月20日(水)〜6月15日(月)午前10時〜午後8時・最終日午後5時閉場・入場無料
会場:松屋銀座7階・デザインギャラリー1953
主催:日本デザインコミッティー
展覧会担当:永井一史
出品者:takram design engineering,トラフ建築設計事務所

第49回デザインサロントーク
会期中、デザインサロントークを開催いたします。詳細につきましては、このWebサイトまたはTwitterにてお知らせいたします。

詳細はこちら